もくじ
☆YUGIMUSASHINO☆
☆KINDERGARTEN☆
 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 柚木武蔵野幼稚園 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 柚木武蔵野幼稚園

ふれあい

2015年 4 月 5 日(日) 版

 このページは人と人との、園と家庭、園と地域の方々の声に耳を傾け、保育に生かしていきたい「ふれあいの場」として大切にしたいと願っています。  
 これから掲載を予定している内容は、「地域の親子のふれあいスポット紹介」、「地域の植物紹介」等々、これからみなさんのご協力でこの「ふれあい」ページを充実させていきたいと思います。
○教務室だより
 今年度(2015年度)は、創立20周年を迎えます。創設者・金子たみ氏は戦後、青年たちに希望を持って生きていって欲しいと予備校を設立しました。そこで感じたのが、やはり人間形成の土台となる幼児期の教育が大切だと、60歳で私財を投じ幼稚園を設立しました。大空に羽ばたく鳥のように、世の人のため、社会のためになるようにとの願いがこもった園歌に歌われているように、創設者の意志を引き継ぎ今年度も子供たちといっぱい体を使って遊び、砂、水、散歩、食、人との関わり、話し合いを中心に心を育てる保育を進めてまいります。本年度もどうぞご協力、応援をよろしくお願いいたします。
                      2015年 4 月 5 日(日)  園長 原田小夜子
月1回の園内研修で
 星山麻木先生と一緒に月に1回、定期的に園内研修会を行ってきました。園舎の全面改装をきっかけに子供たちの為に教室の環境の検討をし、星山先生のアドバイスを頂きながら、実現できたことや、一人一人の子供たちをどのように、丁寧に育てていったらよいか、子供たちを中心にして保護者、教職員、関わる人が連携をとって行くことが大切。その具体的な方法も学び、保育に生かされています。
「こまのおっちゃん」がやって来た!
 子供たちはいろいろなコマに触れ、回せる楽しさを体験しています。日本の伝承遊びで、技へのあこがれ、すぐには出来ないけど、出来るようになった時の喜びは全身で実感します。コマのおちゃんは長年、子供たちの為に、あこがれから「やってみたい」という気持ちを伝えてくれます。コマの楽しさ、面白さ、技に子供たちは魅了され、公演後、おっちゃんと一緒にコマを回したり、教えてもらったり、交流しました。
ステンレス製の波形滑り台の設置
 柚木武蔵野幼稚園には、りっぱなアスレチックがあります。もっとアスレチックの良さを生かして、遊びの連動ができるように築山に続く波形の滑り台を設置しました。スウェーデン製で船便で到着、波形は子供たちの体や脳にも良い刺激を与えよう計算されています。遊びながら人と関われるものとして幅の広いすべ台です。子供たちはアスレチック全体を使って運動量も増えました。柚木の子供たちの遊び方が変わる波形滑り台です。
子供たちと共に育つサークル活動
 お母さん方のサークルが沢山ある中の1つとして、コーラスの「ハミングバード」があります。お母さん方は時々、誕生会などで子供たちに歌を聴かせてくださいます。選曲も良く考えられており、子供たちのために楽しみながら歌ってくださいます。子供たちも歌が大好きで、良い刺激になっています。「歌うっていいな!」心がほんのり、優しくなってよい交流になっています。
☆ホームページを見てのご感想募集しています。
ホームページをご覧になってのいろいろの感想をお寄せください。
幼稚園およびホームページに関するお問い合わせ、ご意見はこちらへ!
▲上に戻る