もくじ
☆YUGIMUSASHINO☆
☆KINDERGARTEN☆
 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 柚木武蔵野幼稚園 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 柚木武蔵野幼稚園
★ゆぎっこの世界
ゆぎっこの世界 「もくじ」に戻る

こどもの世界

2017年 2 月 12 日(日) 版

☆保育スナップ 44 劇の取り組みで大切にしたいこと!!
 子ども達の好きな遊びに「ごっこ遊び」があります。誰からも強制されず自然に遊ぶごっこ遊びです。あらかじめ筋書きが用意されているものでなく、お互いある程度の共通理解や想像により展開していきます。「ごっこ」と「劇」の共通点は、自然のうちに人間のかかわりを身につけていく 役割分担のある遊びです。
 個々の子ども達は、虚構の世界で、自分ではない自分を演じていきます。「劇」とは、人間の内面(心)がテーマだと思います。
「こういう時、自分ならどう思ってどうするだろう」「悲しい・苦しい・ 嬉しい ・楽しい・とび上がるほど楽しい」等々の感情移入をする。感情を表現する。自分とは違う人間になることで自分を客観視することになると共に、日常生活では味わえない感情体験をしていくことになります。
 これらの力が他の人とのコミュニケーションをとる土台になっていくと思います。

                                     園長 原田 小夜子
たまごぐみ(四年保育)
砂遊びは楽しいな
今日は何を作ろうかな
見晴らしがいい場所に散歩!
高台に登って
みんな仲良し
鬼ごっこ!
お面をつけて鬼ごっこ
ナンの生地をこねて!
幼稚園の石釜で
年少組(ひよこぐみ)
迷子になりに森に分け入って
迷子になれたかな!
てっぺんまで登るぞ!
スチレンボードに釘で絵を描いて
ローラーでインクをつけて
スチレン版画のできあがり
てぶくろは動物たちでいっぱい
てぶくろが大好きに!
引きゴマを回そう!
収穫した野菜を味噌汁の具材に
美味しいかまどのご飯!
手作り切り干し大根も美味しいね!
年中組(ひばりぐみ)
大縄を跳べるようになったよ
島鬼遊び
劇ごっこを楽しんでいます
劇のお面を自分たちで作って
畑を耕そう!
自分たちで言葉を考えて
大道具も揃ってきて
何遊びをしているのかな?
縄跳びができるようになったね
畑から収穫してかまどの日は楽しみ
味噌汁と中華丼
たくさん食べるぞ
年長組(つばめぐみ)
ドッチボールでボールも遠くへ
雪の日もボール遊び
木登り大好き
舞台で劇作り!
動きを自分たちで考えて
話しの内容が面白くてつい笑って
編み物がブームです
カプラの積み木で
色んな遊びに発展
一局おねがいします!
オセロで頭を使って
武蔵野カルタは面白いね
▲上に戻る